オリエントホームズ株式会社

ブログ

重要文化財 / 旧三井家下鴨別邸

2021年6月25日

いつもブログをご覧いただきましてありがとうございます。

 

エス・バイ・エル和歌山  オリエントホームズ  の  三島  です。

 

今日は、『  重要文化財  』の  お話をさせていただきます。

 

『 重要文化財 』とは、日本に存在する建造物、

 

美術工芸品、考古学資料、歴史資料などの有形文化財

 

のうち、歴史上・芸術上の価値の高いもの、または

 

学術的にに価値の高いものとして文化財保護法に基づき

 

日本政府が指定した文化財を示しますが弊社は、建設業です。

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、今日は京都   下鴨にあります

 

『 旧三井家下鴨 別邸 』のご紹介をさせて

 

いただきますのでご覧くださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旧三井家下鴨別邸は、下鴨神社の南に位置し、

 

三井家11家の共有の別邸として三井北家

 

(総領家)第10代の三井八郎右衛門高棟

 

(たかみね)によって建築されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この地には明治42年(1909)に三井家の祖霊社

 

である顕名霊社(あきなれいしゃ)が遷座され、その

 

参拝の際の休憩所とするため、大正14年(1925)

 

に建築されたのが現在の旧邸です。

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和24年(1949)には国に譲渡されたそうです。

 

昭和26年(1951)以降は、京都家庭裁判所の

 

所長宿舎として平成19年まで使用されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

近代京都で初期に建築された主屋を中心として、

 

大正期まで整えられた大規模別邸の屋敷構えが

 

良好に保存されており、高い歴史価値を有している

 

ことから平成23年に重要文化財に指定されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

重要文化財 『 旧三井家下鴨別邸 』

 

開館時間  9:00~17:00 (16:30受付終了)

 

休館日  水曜日(水曜日が祝休日の場合は翌日)及び12月29日~12月31日

 

入館料  一般 ¥410 中高生  ¥300 小学生  ¥200

 

〒606-0801  京都市左京区下鴨宮河町58-2

 

TEL  075-366-4321

 

 

 

 

 

 

 

 

 





イベント情報はこちら


マイホームに注文住宅・長期優良住宅をお考えなら、エス・バイ・エルの住まい 和歌山 オリエントホームズ株式会社にお任せください。オンリーワンの注文住宅・数世代に渡って住み継がれる長期優良住宅の設計建築から住まいのリフォーム・戸建分譲・土地分譲・土地活用まで様々なニーズにお応えします。