オリエントホームズ株式会社

ブログ

『 茶碗 』と『 住まいの哲学 』

2021年9月2日

いつもブログをご覧頂きまして

 

ありがとうございます。

 

エス・バイ・エル和歌山   オリエントホームズ 

 

  三島  です。

 

今日は現場を離れて、茶道の道具の一つである

 

『  茶碗  』の  思い出のお話、

 

更にSXLの『 住まいの哲学 』のお話をさせて

 

いただこうと思います。

 

『 エス・バイ・エル 』は、もともと

 

『 小堀住研 』という会社名でした。

 

『 小堀 』 というと、

 

遠州流茶道の創始者  『 小堀遠州 』が有名です。

 

千利休、古田織部と続いた茶道の本流を

 

受け継ぎ、徳川将軍家の茶道指南役となった

 

人物です。遠州は、後水尾天皇をはじめとする

 

寛永文化サロンの中心人物となり、

 

また、作事奉行として桂離宮、仙洞御所、

 

二条城、名古屋城などの建築・造園にも

 

才能を発揮しました。代表的な庭園では、

 

大徳寺孤篷庵、南禅寺金地院があります。

 

『 小堀住研 』の創始者がこの小堀遠州の

 

末裔だという噂があります

 

が建築・造園に対する情熱のようなものが

 

似ている気がしております。

 

さて、

 

まずは『  茶碗  』の話をさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

写真の茶碗は、いまから33年ほど前に

 

神奈川県の鎌倉市七里ヶ浜で建てて

 

いただいたお客さまからいただきた

 

茶碗です。

 

 

 

 

 

Sさまは、鎌倉で家を建てる前は

 

東京 目黒の柿の木坂に住んでおりました

 

のでSさまとのお打ち合わせは、柿の木坂の

 

ご自宅でおこなっておりました。

 

私は、その頃、東京 三鷹市の総合展示場で

 

○○ホームという住宅メーカーに勤務して

 

おりまして、そこに来られたのがSさまの

 

お兄さまでした。

 

それで、お打ち合せにいくと高級住宅街の

 

一角にSさまのご自宅がありました。

 

邸宅というのに相応しいおうちでした。

 

有名な建築家が設計したとのことで、

 

女中さんの部屋までありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

おうちのなかに入ると漆喰壁と黒い

 

光沢のある床に驚かされた私ですが

 

まず、ほかのおうちと違ったのが

 

感じる空気が凛としていてきれい

 

だったことです。

 

あとで知ったのですが、

 

Sさまの御父上様は、とある銀行の

 

初代頭取になられた有名な方でした。

 

(  銀行の 頭取という 言葉を日本で

 

初めて使った方らしいのです。)

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、お部屋に通してもらい出されたのが

 

お手拭きとお茶( この場合、緑茶 )そして、

 

和菓子でした。

 

家のなかの雰囲気は東京  町田市鶴川にある有名な

 

白洲次郎・白洲正子さんが移り住んだ旧白洲邸

 

『 武相荘 』に似ていた気がしますが、なにぶん

 

30年以上も前のはなしなので勘違いで違うかも

 

しれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

ときは流れ、Sさまより連絡が入り

 

『 形見分け 』としてこの茶碗をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

以前、柿の木坂で茶道の先生をしていたことを

 

この時に初めて聞かされました。

 

あれから、5年ほど経ちますがお元気で

 

お過ごしでしょうか。

 

私は大学を卒業後にこの住宅業界にはいり、

 

いままでこのようなお客さまに恵まれて

 

支えられながら、住宅ひとすじに営業活動

 

をおこなってきました。

 

本当にありがたい話です。

 

お客さまには、『 感謝 』のひとこと

 

しかありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に 

 

技術を優先し、美しいものを愛することで

 

個性豊かな住まいづくりにこだわった

 

エス・バイ・エルの創始者『 小堀林衛 』 

 

の提唱した『 住まいの哲学 』を

 

みなさまにご紹介させていただきます。

 

 

 

『  住まいの哲学 』

 

日本の住まいは  長い伝統と美しい風土の中で 

 

素材の生命を生かしながら  育ちました

 

この伝統と個性を活かし現在  と調和させて

 

こそ高い格調を  創ります

 

然しややもすれば機能にのみ 

 

走り感覚を忘れがちです 

 

生活は変革し続けても

 

人間は美を愛し住まいの中に 

 

そのひろがりを求めるのが  本能です

 

研築とはその理想をあきらめず 

 

究めつづけてやまない  気持ちなのです

 

住まいの哲学 (  昭和30年  )   創業者  小堀林衛

 

 

 





イベント情報はこちら


マイホームに注文住宅・長期優良住宅をお考えなら、エス・バイ・エルの住まい 和歌山 オリエントホームズ株式会社にお任せください。オンリーワンの注文住宅・数世代に渡って住み継がれる長期優良住宅の設計建築から住まいのリフォーム・戸建分譲・土地分譲・土地活用まで様々なニーズにお応えします。