オリエントホームズ株式会社

ブログ

耐震等級3のすすめ / 壁合板&ダブル筋交い&ホールダウン金物

2021年9月17日

いつもブログをご覧いただきましてありがとうございます。

 

エス・バイ・エル和歌山  オリエントホームズ  の  三島  です。

 

オリエントホームズでは、『長期優良住宅の取得』と『耐震等級3』

 

火災保険が安くなる『省令準耐火構造』が標準仕様となります。

 

長期優良住宅では、耐震等級2以上が義務付けられていますが

 

熊本地震などでは耐震等級2のお家が倒壊した事例があり、

 

オリエントホームズでは、耐震等級3をお勧めしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

耐震等級3を取るためには、一棟一棟 構造計算しております。

 

そこで、必要となってくるのが壁の耐震性を高める『壁合板』

 

・『床合板』そして、『ダブル筋交い』などの数となります。

 

(  ※上記、写真の『壁合板』・『床合板』・『ダブル筋交い』をご参照ください。)

 

また、基礎と建物を緊結させて建物の浮き上がりを防ぐ

 

『 ホールダウン金物 』も大切になってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

上記、現場写真の基礎からでている棒状の長い方の金物が

 

『ホールダウン金物』で、建物と基礎を下記の写真のように

 

緊結させて数百年に一度程度起こりうる大地震のときの建物

 

の倒壊を防ぎます。耐震等級3は耐震等級1の1.5倍の地震が

 

おきたときでも倒壊・崩壊しない耐力をいいます。

 

これなら、大地震のときに大切なご家族の命を守れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

新築住宅をご検討されている方は、ご家族を大地震から守れる

 

『耐震等級3』を取得するように建築会社に依頼してください。

 

オリエントホームズでは、標準仕様なので依頼しなくても

 

大丈夫なので、ご安心くださいませ。(^O^)/☆彡(*’▽’)🌟

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





イベント情報はこちら


マイホームに注文住宅・長期優良住宅をお考えなら、エス・バイ・エルの住まい 和歌山 オリエントホームズ株式会社にお任せください。オンリーワンの注文住宅・数世代に渡って住み継がれる長期優良住宅の設計建築から住まいのリフォーム・戸建分譲・土地分譲・土地活用まで様々なニーズにお応えします。